石田歯科
夜7時迄診療
診療時間
10:00~13:00 / / /
15:00~19:00 / / /

休診日:木・日・祝 ▲土曜午後 : 〜17:00

お問い合わせ MAIL相談
24時間受付 WEB予約
キービジュアル

診療メニュー MENU

★電動歯ブラシのコツをつかんでおこう

2022年3月19日

歯ブラシを手で小刻みに動かすブラッシングの動作は

加齢で手が動きにくくなると難しくなったりします。

個人差はありますが、だいたい65歳前後から動かし方が大ざっぱになったり、

磨きにくい奥歯は動かせていなかったりという様子か見られるようになります。

患者さん自身は変化に気づきにくいのでこれまでと同じように磨いてるつもりなのに、

磨き残しを指摘されたという人は注意が必要です。

こんなときに頼りになるのが電動歯ブラシです。

電動歯ブラシは磨きたい部分に当てるところまでは自分でやらなければなりませんが、

それ以降の細かく動かす動作を代わりにやってくれます。

電動歯ブラシはいくつかタイプがあり、使い方が多少違うため、

いずれ電動歯ブラシを使いたいと考えている人は60代から慣れておくとよいでしょう。

★犬の8割近くは歯周病予備軍!?

2022年3月18日

歯周病は人間だけでなく動物にも発症する病気です。

特に犬には歯周病が多いことが明らかになっています。

780匹の犬の歯科検診の結果を分析したところ、76.3%に歯垢や歯石の沈着といった

歯周予備軍といえる症状が見つかりました。

ペットも高齢化が進み、歯周病の発症率が増えているのです。

実は人間の歯周病菌と同一の菌が犬の口から検出されたという報告がされています。

ペットと飼い主で歯周病菌を相互にうつしあっている可能性も考えられるということなのです。

人間が食べものを噛みちぎってペットに与えたり、ペットが人間の口を舐めたりする行為が

歯周病菌の感染ルートになっているかもしれません。

なおペットは歯垢が歯石に変化するスピードが速い、ブラッシングが難しい、

痛みや違和感を自分で訴えられない、といった理由から人間よりも歯周病が重症化する傾向にあります。

日本人はこうして歯を失っていく

日本歯周病学会・日本臨床歯周病学会 より

★早期に歯周病を治療すれば医療費を削減できる!

2022年3月16日

急速に高齢化が進む日本では、増大する医療費が問題になっています。

各家庭においても、老後に向けて医療費支出をどう抑制するかが課題と言えます。

自動車部品メーカー・デンソーの健康保険組合が被保険者の医療費を分析したところ、

歯周病にかかっている人はかかっていない人よりも、歯科だけでなく医科(歯科以外の病気)の

一人当たりの医療費も年間平均1万5800円多くかかっていることがわかりました。

60歳以上になるとこの差は、3万円前後まで広がります。

デンソーの場合、定期的な歯科検診を実施している事業所では医療費が

5年間で最大23%減少していたのに対し、実施しなかった事業所では24%増加していたとのこと。

歯周病の予防や早期発見・治療は、生涯にわたる医療費を抑えるポイントと言えそうです。

★歯周病の治療をすると糖尿病も改善する

2022年3月14日

歯周病と糖尿病には密接なかかわりがあります。

歯周病の人は糖尿病を併発していることが多く、

また、糖尿病患者は歯周病が重症化しやすいこともわかっています。

歯周病が悪化すると糖尿病も悪化する、それならば歯周病を治療すれば

糖尿病が改善するのではないかとそれを明らかにした研究結果がいくつか発表されています。

歯周病と2型糖尿病を併発している患者に歯周病の治療(スケーリング+歯周ポケットへ抗菌薬を注入)を

実施し、治療前と後でHbA1c(糖尿病の指標)を比較しました。

その結果、治療後にはHbA1cが明らかに改善していたのです。

また血糖値を下げるインスリン(ホルモンの一種)を作りにくくするNFーa(腫瘍壊死因子)の

血中濃度も、減少していました。

糖尿病を治療中の人は、すぐに歯周病の治療も始めましょう。

 

★バージャー病と歯周病の関係

2022年3月12日

バージャー病は、タバコを吸う20代から40代の男性に多い難病で、

閉塞性血栓血管炎とも呼ばれます。日本には約1万人の患者がいるとされています。

バージャー病を発症すると、手足の末端の血管が詰まって炎症が生じて、

皮膚に痛みや潰瘍を起こし足が腐ってしまいます。

これまで原因不明とされてきましたが、東京医科歯科大学の研究グループが

バージャー病患者14人を調べたところ、全員が中等度から重度の歯周病と診断されました。

さらにバージャー病患者の患部から取り出した血管試料の大半から、

歯周病菌が検出されたのです。一方、正常血管の試料からは歯周病菌は全く検出されませんでした。

この研究によって、バージャー病の原因や悪化には口の細菌、

特に、歯周病菌がかかわっている可能性が濃厚になりました。

★男性の喫煙者は重度の歯周病にかかりやすい

2022年3月11日

喫煙は歯周病を悪化させるリスク因子の一つです。

国立がん研究センターが1164人を対象におこなった疫学調査で男性は自らタバコを吸う人はもちろん、

人の煙を吸う受動喫煙でも歯周病のリスクが高まることが明らかになりました。

男性で受動喫煙経験のない非喫煙者をベースに比較したところ、喫煙者は約3.3倍、

家庭のみで受動喫煙経験のある非喫煙者では3.1倍、

家庭および家庭以外の場所で受動喫煙経験のある非喫煙者では約3.6倍

重度の歯周病になるリスクが高くなりました。

タバコのニコチンは歯周病をひき起こす歯周病菌の発育を促し、その病原性を高めます。

受動喫煙でも同様のメカニズムで歯周病の悪化に拍車をかけることが推察されます。

この研究では、女性の場合は受動喫煙と歯周病との間に関連がみられず、

その理由は不明とされています。ただし受動喫煙は心筋梗塞やぜんそく、

早産など健康にさまざまな悪影響を及ぼすことは明らかです。

 日本人はこうして歯を失っていく  日本歯周病学会・日本臨床歯周病学会 より

                    

★歯周病の進行は差が大きい!

2022年3月9日

歯周病の進行はとても差が大きいです。1割の人は重症化します。

同じ民族で、同じ場所に住み、同じようなものを食べていても、

歯周病の進み方は人によってかなり違うことがわかってきました。

発端は、40年ほど前スイスの研究者らがスリランカのお茶農園で働く人たちを対象に

行った研究です。農民たちには当時歯を磨く習慣がなく、歯科医師もいません。

そこで、歯磨きや治療をしないままほったらかしておくと歯周病はどのように進むかを調べました。

全員歯肉炎にはなるのですが、11%の人はほったらかしにもかかわらずそれ以上は進行しません。

一方で1割弱が重症化し、20代から歯周病の症状が出始め、歯が抜け落ち、

40代になるとほとんどの歯を失いました。歯周病の進行状況は大きく違ったのです。

その後も多くの研究がおこなわれ、

先進国でも歯周病患者の10%前後は重症になることが報告されています。

また、日本臨床歯周病学会がおこなった歯周病実態調査では、30代~40代の若い世代でも

重度歯周病患者が15%ほどを占めていました。

    

日本人はこうして歯を失っていく

日本歯周病学会・日本臨床歯周病学会 より

★抜歯をしたほうがよいときもある

2022年3月8日

歯周病が進行してしまった歯を残しておくと、

その歯を支えている歯槽骨だけでなく、

隣の歯や周辺の骨にまで悪影響を及ぼします。

骨がかなり溶けて、すでに歯の機能を果たしていない歯を残していても役には立ちません。

無理に残しても、結局抜かざるを得なくなるケースがほとんどで、

かえって抜いた後の状態が悪くなって入れ歯を入れるのが難しくなったり、

腫れや痛みが生じたりするなど不快な症状を繰り返す原因にもなります。

★歯周病が改善できないとインプラントは無駄になる

2022年3月7日

歯周病で歯が全部抜けてしまうと、一昔前までは総入れ歯にするしかありませんでした。

近年は人工歯根を埋め込んで再建するインプラント治療が普及しました。

見た目も使い心地も自分の歯に近く、歯を失った人にとって救いとなる方法ですが、

インプラントがあるから歯が抜けても大丈夫と悪い意味での安心感を持つ人も増えています。

しかし、歯周病の為に歯が破壊され、人工歯根を埋め込むことができない場合もあります。

また、埋め込めたとしても清掃が不十分だとインプラント周囲炎といわれる感染が生じ、

抜かなければならないこともあります。

ブラッシングができないままでは、インプラント治療はできません。

★歯周病には歯肉のマッサージが効く?

2022年3月5日

高齢者の中には歯槽膿漏(歯周病)が良くなると思い

指で歯肉のマッサージをしている人がいます。

これはおそらくマッサージをすることで歯周病が悪化して腫れた歯肉の膿や

たまった血が排出され、歯肉が引き締まって良くなるという考えによるもののようです。

しかし、歯肉をマッサージして歯周病が治ったということを証明した研究は一つもありません。

歯肉のマッサージ自体は悪いことではありませんが、指でマッサージするよりも

歯ブラシで歯と歯肉の境い目のプラークを除去しながら

歯肉をマッサージするほうが炎症が軽減するため、歯周病の予防や改善には効果的といえます。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • お問い合わせ MAIL相談
  • 24時間受付 WEB予約
06-6355-2500
〒530-0043
大阪府大阪市北区天満2-13-20 ハーツ天満橋1F

このページの先頭に戻る