石田歯科
夜7時迄診療
診療時間
10:00~13:00 / / /
15:00~19:00 / / /

休診日:木・日・祝 ▲土曜午後 : 〜17:00

お問い合わせ MAIL相談
24時間受付 WEB予約
キービジュアル

診療メニュー MENU

★ブラッシングの目的・基礎

2022年10月29日

〇ブラッシングの目的

ブラッシングの最大の目的は、うがいでは取り除けないプラークを取り除くこと。

歯科医師は、歯肉をマッサージするつもりで歯ブラシを当ててくださいと指導することがありますが、

これは、マッサージが主な目的というわけではなく、歯と歯肉の両方に歯ブラシを当てるイメージを

もってもらいたいからです。

ただしプラークを取り除こうとして磨き過ぎると、歯肉を傷つけてしまうので、コツが必要です。

 

〇ブラッシング基礎編

頻度:最低1日1回はていねいに。

日本人は一般的にどのようなブラッシングをしているのでしょうか。

10~60代の全国の男女1200人に調査をしたところ、ブラッシングの頻度は、

76%の人が1日に2回以上、1回あたりの歯を磨く平均時間は1~3分でした。

患者さんからブラッシングは毎食後にした方がよいのかと聞かれる時があります。

毎食後ブラッシングができれば理想的ですが、1日3回短時間でサッとやるよりも、

1日1回でいいからしっかり時間をかけて磨いた方が歯周病には効果的です。

それに日中仕事をしている場合は、朝と夜は磨けたとしても、昼食後のブラッシングは難しいものです。

無理をすると続きませんから、時間に余裕がある夜寝る前などに、お風呂に浸かりながらでもいいので、

ていねいにブラッシングするようにしてください。

では、ていねいなブラッシングとは、どのようなブラッシングでしょうか。

実はこの「ていねい」のイメージは人によってかなり違いがあります。

たとえば、3分間のブラッシングをていねいすぎると感じる人がいる一方で、

3分では短すぎて全然磨けていないという人もいます。

わかりやすいように時間で示すなら、最低10分が目安。

長いと感じるかもしれませんが、一般に歯は全部で28本ですから、1本あたり20秒ほど。

1本1本ていねいに磨くには、この程度の時間は必要です。

ただし、歯ブラシが磨くべきところにきちんと当たっていなければ、

10分磨こうと、20分磨こうと意味がありません。

正しく磨くことが大事です。

★ブラッシングをマスターする

2022年10月26日

〇きちんと磨けていない人が多い

歯周病で受診する患者さんの中には、ほとんど歯を磨いたことがなくて、

歯周病にになったのは当然の結果という人がいます。

その一方で、毎日歯を磨いていたのに・・・と、歯周病になったことが納得できない人もいます。

しかし、きちんと歯を磨いていると主張する患者さんの状態を染め出し剤でチェックしてみると、

真っ赤になるケースがほとんどです。

これはきちんとプラークが落ちていない証拠、つまり磨き方が間違っているのです。

ブラッシングはたいてい親が子に教えるので、親のやり方を踏襲している場合が多いのです。

つまり、大人が間違った方法でブラッシングをしていれば、

それを見て覚えた子どもも間違ったブラッシング方法を身に付けてしまうことになります。

結果、家族みんなで間違ったブラッシングをしている危険があるわけです。

★歯周病は歯科医師だけでは治せない!

2022年10月25日

〇セルフケアはブラッシングと全身の健康管理の2本柱

歯科医院に通うとセルフケアも大事ですと言われることが少なくありません。

歯周病のセルフケアというのはまず局所のケア、すなわち毎日のブラッシングです。

さらに歯周病は全身の健康にかかわる感染症ですから、

維持のコントロールや生活習慣の改善といった全身の健康管理も不可欠です。

患者さんの中には歯科医院に通っていれば歯周病は治るだろうと考えている人がいます。

しかし、同じ進行度の患者さんが同じタイミングで歯科医院に通いはじめても、

セルフケアを努力している患者さんと歯科医師任せで何もしない患者さんでは、

治り方も、通院回数も、治療にかかる費用も、将来歯がどうなっていくかもまったく違ってきます。

 

〇手のひらサイズの炎症を放置できますか?

中等度の歯周病になっている患者さんの場合、歯周ポケット周辺の炎症の総面積は、

手のひらくらいの大きさといわれています。

もし、顔に手のひらサイズの炎症があれば、普通は放っておかないはず。

見た目はもちろんのこと、放置して化膿すれば大変なことになりますから、治療をするでしょう。

ところが歯周病は、歯肉の中の見えにくい部分で炎症が起きているために多くの人が無頓着。

放置している間に歯を支える骨が溶けていくだけではなく、全身に感染が広がっていきます。

 

〇化粧品やサプリにお金をかける前に、歯のケアを

高齢化が進み、アクティブシニアが増えている今は、アンチエイジングがブーム。

いくつになっても若く美しく健康でありたいと、外見や体力、脳の老化防止などに関心が集まり、

ジムに人があふれ、高額な化粧品やサプリメントが売れています。

ところが意外と歯に気を使う人は少なく、外見は若々しいのに口の中はボロボロで、

歯が抜けかかってから歯科医院を受診してくるケースが後を絶ちません。

歯をいい状態に保つことは、外見だけでなく、食べ物をしっかり噛んで滑舌よく話すといった機能面、

そして全身の健康を維持するという面からも、究極のアンチエイジングといえます。

セルフケアを習慣にしましょう。

★治療の実例③

2022年10月22日

〇繰り返す歯肉の腫れと痛み➡歯周再生療法で、溶けてしまった骨を再生

 

主婦のCさんは、2年ほど前から睡眠不足や

疲れがたまると歯肉が腫れて膿が出るということを繰り返していました。

体調が回復すると楽になるのでそのままにしていましたが、

あるとき右下の歯肉がぷっくりと腫れて何もしなくても痛い状態になり、

がまんできなくなって慌てて歯科医院を受診してきました。

Cさんは口の中は全体的に歯周病が進行し、とくに右下は重度の歯周炎の状態だったため、

ひとまず抗生物質と消炎鎮痛剤の服用と、歯周ポケットを洗浄して細菌を洗い流す治療をすることに。

2週間後にはだいぶ炎症が治まったので、麻酔した上で、

症状がひどい右下を中心にスケーリングとルートプレーニングをおこないました。

ところがその3か月後に検査をしてみると、重症だった右下だけは歯周ポケットが深いままで、

歯槽骨もかなり吸収されてしまっています。

このままでは歯槽骨の再生は期待できないと判断し、

右下部分をフラップ手術で開いて清掃すると同時に、

エムドゲイン法による歯周再生療法も加えました。

8か月後にレントゲンで歯槽骨が再生されたのを確認し、

以降は3~4か月に一度のメンテナンスを続けています。

★治療の実例②

2022年10月19日

重度の歯周炎はフラップ手術で➡

    歯周病の治療後、ブリッジで歯を補ってしっかり噛めるように

 

会社員のBさん50歳は、何年も前からあちこちの歯が腫れて膿が出るという症状に悩まされながらも、

仕事の忙しさを理由に放置してきました。

しかし歯がぐらぐらしてきてきちんと噛めなくなったため、やむなく歯科医院へ。

歯肉の炎症はかなり進行し、さらにレントゲンでは歯槽骨も吸収されていて、

重度の歯周病と診断されました。

まず全体を6分割して週1回ずつスケーリングとルートプレーニングを実施。

治療と検査を数回繰り返した結果、ある程度回復は見られたものの、

歯周ポケットの深さにあまり変化はなく、歯槽骨の再生も今ひとつでした。

そこで、改善が見られない箇所は、フラップ手術をおこないました。

手術後、グラつきが激しかった奥歯1本だけは抜くことになりましたが、

それ以外は歯槽骨の再生が始まって揺れがおさまってきました。

根の治療をした上で複数本連結した人工歯をかぶせるなどの補綴治療を実始。

初診から1年が経った今は問題なく噛めるようになっています。

なお、Bさんは喫煙者で当初は禁煙を指導してもやめることができなかったのですが、

フラップ手術を受けるにあたり、きっぱり禁煙したことも回復を早めた要因でしょう。

現在、3ヶ月に一度、メンテナンスに通っており、以前はいいかげんだったブラッシングも、

ていねいにやるようになりました。

噛めるので食事が楽しみ。歯の調子だけでなく、体調も良くなったといいます。

★治療の実例➀

2022年10月15日

〇ブラッシング不良による歯肉炎➡意識改革とブラッシングで完治

 

高校生のAさん16歳は友人から口臭指摘されたことを気にして受診。

口の中を診るとむし歯はないものの歯肉全体が赤く腫れ、歯周病の初期段階の歯肉炎でした。

歯肉が痛み、ブラッシングのとき以外もたびたび出血して、

朝起きると枕に血がついていることもあると言います。

本人は1日2回ブラッシングしているというのですが、腫れた歯肉にブラシが当たると痛いので、

かみ合わせの部分だけをサッと磨いているような状態でした。

歯にはプラークや歯石がこびりついていて、もともとブラッシングに対する意識は低く、

さぼりがちだったようです。

スケーリングでプラークや歯石を除去する必要がありましたが、

現状では歯肉の痛みが強くてできないのでまず正しいブラッシング法を指導。

1週間後の再診時にはブラッシングによって痛みがだいぶ引いていたため、

全体を6分割してていねいにスケーリングをおこないました。

3か月後、すべての歯のスケーリングを終える頃にはすっかり良くなって、

その後は4か月に一度定期健診を続けています。

Aさんの治療でスケーリングと同じくらい重視したのは、本人の意識を変えること。

初診時から、歯周病がどのような病気なのか、このままブラッシングを怠っていると、

どのような状態になるのか、治療をするとどう変わるのか、本人の口の中の写真や、

他の症例写真を見せながら説明しました。

また、お菓子やジュースを大量に摂っていたので、少し減らすことを提案。

Aさんは症例写真のようなボロボロの歯にはなりたくないと努力し、

ブラッシングも熱心に取り組みました。

今は歯肉の痛みだけでなく口臭のコンプレックスからも解放され、

友達の前で堂々と話せるようになったと楽しんでいます。

★インプラントとは・・・

2022年9月16日

インプラントは、あごの骨に金属などで作られた人工歯根を埋め込み、

それを土台にして人口の歯(人口歯冠)を取り付ける方法です。

あごの骨にしっかりと固定されるため、自分の歯に近い感覚で噛めますし、

見た目も変わりません。

また、ブリッジのように健康な歯を削らずに済みます。

全部歯を失った場合でも、インプラント治療をすることができます。

しかし、人工歯根を埋め込むための外科手術が必要で、あごの骨にしっかりとくっつくまでに

3ヶ月~半年ほどかかります。

歯周病で歯槽骨が少なくなった人や全身状態が悪い人は、

インプラント治療ができないこともあります。

また、歯周病の人がインプラント治療をするとインプラント歯周炎を起こしやすいので、

注意が必要です。

 

※インプラントには健康保険が適用されず、全額自費負担です。

医療機関によって異なりますが、1本当たり数十万の高額な治療費がかかります。

歯科医師から十分に説明を聞き、納得してから治療を受けてください。

 

★インプラント周囲炎に注意!

インプラントは人工物だから、むし歯にも歯周病にもならないから安心だと考えていませんか?

確かに人口歯根自体はむし歯になることはありませんが、

それを埋め込む骨の周囲には歯肉があるので、清掃状態が悪ければ根元にプラークがたまります。

たまったプラークや歯石は人工歯を支えている周りの骨を溶かしていき、

最悪の場合は人工歯根が抜け落ちてしまうことも。

インプラントを入れても歯周病と同じ状態になるということです。

インプラントと治療をする前に歯周病をしっかりと治しておくのはもちろんのこと、

インプラントを入れた後もブラッシングによるセルフケアを欠かさないようにしましょう。

定期的に歯科でメンテナンスしてもらうことも不可欠です。

 

インプラント

 

日本人はこうして歯を失っていく

日本歯周病学会・日本臨床歯周病学会 より

★入れ歯とは・・・

2022年9月14日

入れ歯は、歯がなくなったところに取り外しできる人工歯を入れて、

噛めるようにします。

1本~数本の歯を補う部分入れ歯は、残った歯に金属のバネを引っかけて固定するタイプが主流。

バネの代わりに磁石で固定するタイプもあります。

部分入れ歯は残った歯を大きく削る必要はなく、

取り外しが簡単なので洗って清潔に保つことができ、

かみ合わせに不具合が生じたときは修理することができます。

ブリッジに比べて噛む力が劣り、部分入れ歯の位置によってはバネが目立ち、

見た目が気になることがあります。

さらに、バネをかけた歯の負担が増えるため、口の中の清掃状態が悪いと、

歯周病が進行して歯の寿命が短くなるなる場合もあります。

残っている歯をしっかりケアしていきましょう。

一方歯をすべて失った場合は、義歯床をあごに密着させる総入れ歯になります。

総入れ歯も、取り外しが簡単、洗って清潔に保てる、

かみ合わせに不具合が生じたときは修理することができる、

というメリットは部分入れ歯と同じです。

しかし、少しずつ歯槽骨や歯肉は痩せていくので、こまめな調整が必要です。

調整が不十分だと、はずれやすい、食べかすがはさまって痛む、違和感がある、

発音しにくいということもあります。

また、口の中全体を覆うことになるので、食べ物の温度を感じにくいことがあります。

 

※費用:一般的な材料を用いる場合は健康保険が適用されます。

健康保険の対象外となる材料や治療法もあり、

装着感が優れているといった理由で保険外を選ぶ人も少なくありません。

 

入れ歯

 

日本人はこうして歯を失っていく

日本歯周病学会・日本臨床歯周病学会 より

★ブリッジとは・・・

2022年9月12日

失った歯の両隣に残っている歯を削って冠をかぶせ、

連結した人口の歯を固定します。

残った2本の歯が土台となって橋を架けるようなイメージで、

失った歯が1~2本と少ない場合に適した方法です。

固定式なので異物感が少なく、見た目も自然です。

ただし、冠をかぶせるために、両脇の最低2本の健康な歯を大きく削らなければならないうえに、

歯を失った部分にかかる噛む力も土台となる歯だけで支えるため、負担がかかります。

さらにブリッジのかみ合わせや清掃状態が悪いと、歯の寿命が短くなります。

※費用は一般的な材料を用いる場合は健康保険の適用となりますが、

健康保険の対象外となる材料や治療法もあります。

主治医に確認してみてください。

 

ブリッジ

日本人はこうして歯を失っていく

日本歯周病学会・日本臨床歯周病学会 より

★歯を抜くことになったら

2022年9月10日

〇本当に抜歯は必要か

歯周病が進行して歯周組織が破壊されれば、歯を支えきれなくなるので、抜歯は免れません。

ここまでは、抜歯という事態を避けるための治療の重要性をお伝えしてきたのですが、

自覚症状が乏しく早期発見が難しい病気なので、抜歯になるケースもかなりあるというのが現実です。

患者さんは抜歯をしたくない、どうにかならないかと言われる方もいますが、

実は早く抜歯したほうがいい場合もあります。その理由を説明します。

歯周病の炎症は、歯石の表面などに付着した歯周病菌などが、

毒素を出し体内に入り込もうとするのを防ぐために生じています。

さらに歯肉の奥にある骨は、近づいてくる歯周病菌に感染するのを防ぐために、

自ら溶けて逃げ、細菌との距離を保とうとするのです。

歯の周囲の骨がすべてなくなった状態は、もう歯が体の一部ではなく、

歯周病菌に侵された異物と判断されたということで、早く抜いてのサインです。

体が必要ないと判断したら、むしろ体のために抜歯する必要もありうるのです。

 

〇抜歯後は歯を補う治療が必要

抜歯を避けられなくなって抜いた場合、そのままにしておくと食べ物が噛みづらいだけでなく、

スペースを埋めるように隣の歯が寄ってくるのでかみ合わせが悪くなります。

また、歯と歯のすき間が広がってむし歯になりやすくなります。

そのため失った歯を補う治療が必要なのです。

歯を補う治療には➀ブリッジ②入れ歯③インプラントの3つの方法があります。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • お問い合わせ MAIL相談
  • 24時間受付 WEB予約
06-6355-2500
〒530-0043
大阪府大阪市北区天満2-13-20 ハーツ天満橋1F

このページの先頭に戻る