石田歯科
夜7時迄診療
診療時間
10:00~13:00 / / /
15:00~19:00 / / /

休診日:木・日・祝 ▲土曜午後 : 〜17:00

お問い合わせ MAIL相談
24時間受付 WEB予約
キービジュアル

診療メニュー MENU

★ 治療に使われる「金歯」「銀歯」「プラスチック(レンジ)」それぞれ何が違うの?

2024年07月5日

各素材によって強度、寿命(経年変化)、価格が違います。

 

歯科治療で使用されるかぶせもの、つめものには人工的な素材が用いられます。

主な種類は「金歯」「銀歯」「プラスチック(レジン)」の3つ。

それぞれ違いを見ていきましょう。

星の評価基準は、「歯医者が教える 歯のQ&A大全」著者 小谷航先生の臨床経験等を基にした独自の見解です。

 

◎金歯

強度 ★★★★☆
価格 ★★★★★
見た目 ★★☆☆☆

 

金は、歯科治療に関わらず人類は古来より使用している素材です。

そのため人類はよく特徴をわかっていても、強度低下や経年変化があまりないことが好まれ、歯科治療にも用いられるようになりました。強度は、硬すぎず柔らかすぎないもので、咀嚼時に回り歯に影響を与えず、歯全体を考えても、治療に適した素材といえます。一昔前は、金歯を入れることがお金持ちの証、ステータスと考えられ、好む人が多くいました。

歯科治療に使用される金は、18金や20金がほとんどです。

24金はやわらかすぎるので適していません。

この後開設する銀歯と同様、歯にはくっつきませんが、菌には展性といって、やわらかく、伸びる性質があるので、歯を治療した穴に対して伸びて金と歯のすき間を少なくするといった特性があります。

価格は、「時価」としている歯科医院が多くあります。

 

 

◎銀歯

強度 ★★★★☆
価格 ★★★☆☆
見た目 ★★☆☆☆

 

保険適用内の銀歯は、正しくは、「金銀パラジウム合金」という金と銀とパラジウムなどの素材の化合物です。

金歯に比べて性質は劣り、経年変化もしやすく、しばらくたつと銀食器のように傘下によって黒ずむこともあります。(歯科医院によっては銀合金を使用)

保険適用内で治療でき、比較的安価で、そこそこの強度なので銀歯を選択される方も多くいます。

銀歯に使われる金銀パラジウムは多くの種類の金属の合金であるため、金属アレルギーがある人の場合は、ヒトによって銀歯でアレルギーを発症することがあります。

症状としては、じんましんや湿疹が出たり、頭痛やめまいを発症したりします。

なかには、肩こりや疲労に加え体調不良を引き起こす場合もあります。

治療直後に症状が出なくても、口の中で金属が溶けだすため体内に金属イオンが蓄積して、突然金属アレルギーの症状が出る可能性もあります。パラジウムという金属は、アレルギーを引き起こしやすいことが指摘されていますので、なるべく口内に金属化合物が無いに越したことは有りません。

また、金歯と銀歯は金属であるため、歯との接着を過度に期待することはできません。

セメントの接着力でくっついているだけなので、セメントが減ってきて、歯の境目にくぼみができてしまうと、再びむし歯になる可能性があります。

 

 

◎プラスチック(レジン)

強度 ★★★☆☆
価格 ★★★☆☆
見た目 ★★★☆☆

 

プラスチック製のレジンは保険適用内で施術を行えます。

自分の歯の色調に似ているので、むし歯を治療したことが分かりにくく審美性に高いのが特徴です。

また、金属を使用していないため、経年変化での金属の溶けだしによる金属あれrぎー反応や、歯と歯茎が黒っぽく変色する心配もありません。

しかし、プラスチックの為強度は弱く、口内の水分を吸収するため細菌が繁殖しやすく、長期的にみると色が付きやすかったります。細菌が繁殖し余水の出、自分のハトの境目などに虫歯ができやすくなります。

 

◎セラミック

強度 ★★★★☆
価格 ★★★★☆
見た目: ★★★★★

 

自費の診療になるため、費用を自分で全額負担しなければなりません。

また、歯科医院によって値段が違います。

セラミックの長所として、体全体に対して悪い影響を及ぼさないということが第一にあります。

セラミックは整形外科の関節インプラントに使われたり、広く人体に対して挿入する素材として使われており、それにより悪影響があったという報告が少ない素材です。

もちろん、セラミックは歯と同じ白色で、見た目もよく、強度も適度なものです。

ただ、強い噛む力が加わるところに薄いセラミックを入れると割れてしまうため、自分の歯の部分を多めに削らないといけないというデメリットがあります。

しかし、セラミックは歯と接着することができるため、多くの歯の部分を削っても自分の歯の一部として同化したように使用することができます。

そのため、他の素材よりもむし歯の再発がしにくいことが特徴です。

 

◎ジルコニア

強度 ★★★★★
価格 ★★★★★
見た目 ★★★★★

セラミックと同様に自費の治療となります。

セラミックとの違いはセラミックは医科で使われていたものを歯科に応用した素材であるのにたいして、ジルコニアは歯科が開発したという素材になります。歯はダイヤモンドと同じくらいの硬さと聞いたことがあるかと思いますが、ジルコニアは人工ダイヤモンドと呼ばれ、他の素材と比べ、抜群の硬さを誇ります。硬いということは、歯の噛む力への耐久力も大きく、セラミックより歯を削る量は少なくすることができます。

また、歯と同様に白く、金属のような強度を備えていることから、今後、大きく活用されるであろう素材だといえます。

 

 

ここまで5つの素材について説明してきましたが、その素材も一長一短です。

単純に「価格が安いからダメ」といえるものではなく、「高いからいい」ともいえないです。

歯は、その人のライフスタイルに密接に関わります。今の生活で無理のない価格や、長い目でみた寿命、メンテナンス法などさまざまな情報を理解して選ぶことが大切です。

小さな疑問も残さず、歯科医と相談しながら決めましょう。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • お問い合わせ MAIL相談
  • 24時間受付 WEB予約
06-6355-2500
〒530-0043
大阪府大阪市北区天満2-13-20 ハーツ天満橋1F

このページの先頭に戻る