1
石田歯科の先生
外からは見えない
歯ぐきの中まで考えて治療する
歯周病専門医が
石田歯科にはいます
歯周病とは歯を支えている骨がなくなり歯が抜け落ちてしまう病気です。多くの場合加齢とともに進行し、日本人の多くは30歳代から歯周病が進行して50歳代から歯を失いはじめる方がほとんどです。また最近の研究により、歯周病が進行している方は心筋梗塞、心内膜炎、誤嚥性肺炎、糖尿病、骨粗鬆症、早産などの全身的な疾患を引き起こす確率が高まることがわかっています。
しかしなぜほとんどの方が歯周病で歯を失っているにもかかわらず、歯を失うまで皆さん気付かれなかったのでしょうか?それは歯周病という病気は歯を失うほど重篤にならないと自覚症状がほとんど出ないことからsilent desease(静かなる病気)と呼ばれ、手遅れになってから気づかれることがほとんどだからです。

歯周病は遺伝的要因が非常に強く、歯周病の原因となる口腔内細菌は幼少期にご家族(特にご両親)から食事やスキンシップを通じて感染を受け、口腔内常在菌として歯をすべて失うまで居座り続けます。つまり歯周病患者様のお子様は遺伝学的にも細菌学的にも歯周病罹患リスクが非常に高いといえます。

わたくしは大阪の北摂にあるのぶとう歯科医院”(院長:信藤孝博先生 歯周病治療専門医院であり大阪府下の開業医院では唯一の歯周病専門医指導施設)で11年間にわたり、重度歯周病患者様の治療と地域住民の方々の口腔内ケアを任せていただきました。また信藤孝博先生の指導の下、学会発表などの機会も与えていただき深く歯周病治療に関わってまいりました。そのなかで、歯周病専門医として
最も重要なことは重度歯周病になってしまった患者様の治療はもちろんのこと、その歯周病が次の世代へ移行することをできる限り抑え、歯周病の連鎖を未然に防ぐことがわたくしの歯科医師としての役目ではないかと考えました。

ご家族全員の口腔ケアがお子様の将来の歯周病予防となり、さらに幼少期からの徹底した口腔内管理を続けることによって歯周病適齢期を迎えられた患者様の歯周病の発症・進行は抑えることができると考えます。

大阪天満橋にある石田歯科ではちいさなお子様からご高齢者の方までそれぞれに合った治療と口腔ケアを提供して何世代にわたっても安心してお任せいただける医院を目指しています。まずはお話を聞かせていただき、カウンセリングを通じて患者様自身が歯周病という病気に関しての知識を増やすことで、ご自身とご家族の健康維持のお手伝いをさせていただきたいと考えています。

厚生労働省認可|日本歯周病学会 歯周病専門医
院長 石田 憲嗣







2
大切にしていること
治療予防という
お付き合いで
楽しい毎日を
人生を
過ごせる人を増やしたい


患者様が歯科医院に通う目的は虫歯や歯周病などの痛みをとるためである事がほとんどと思います。しかし長期的な安定した口腔内を実現するためには、痛みを取り除くためだけの処置ではなく、しっかりした基礎治療と治療後のメンテナンスもかかせません。

当院では、患者様の主訴の治療を行うことはもちろん、包括的な治療を行い、さらに病気を未然に防ぐ予防処置を中心としたメンテナンスに重点を置いています。

患者様の多くは、なかなか予防の大切さに気付いていらっしゃいません。当院では予防の大切さを知っていただき、今後は治療のためでなく、予防のため当院を利用していただきたいと思っています。



安心・安全な治療


当医院では医療機器における世界で最も厳しいとされているヨーロッパ基準EN13060クラスB規格の滅菌消毒システムを導入しており、すべての器具において患者様ごとの滅菌消毒を徹底しております。


見える治療


口の中の治療はご自身では直接見えない部分であるからこそ、しっかりと治療を理解していただくよう手鏡による直視だけでなく最新型歯科用CT(朝日レントゲン社製:医療CT撮影装置では数少ない完全国内生産)や高性能口腔内カメラ(Panasonic社製)など用いて治療前後のご説明を徹底しております。






3
石田歯科のお付き合い
より良い関係を築き
丁寧な治療を行うための
ステプがあります

予約診療

当院の診療は完全予約制です。これは治療時間の枠を確保するだけでなく、治療に合わせて充分に準備を行うためでもあります。医師や衛生士が患者さん一人ひとりの処置に合わせた必要な器具や薬品を事前に準備してお待ちしていますので、極力キャンセルのないようにお願い致します。やむをえない理由でキャンセルされる場合は、遅くとも前日までにご連絡いただけますようお願いいたします。

応急処置

当院では、治療に入る前に予診表の記入をお願いしています。治療計画に役立つ資料となりますので、アレルギーの有無などお身体のコンディションも併せてご記入ください。そして本格的な治療に入る前に歯の痛み、歯ぐきからの出血、入れ歯の不具合などによる痛みがある場合には、まずその症状を取り除く応急処置を行います。

診査・診断

応急処置が済んだ後は、レントゲン撮影や歯型の採取など、必要に応じた各診査を行い、口腔全体を一単位と考えた包括的治療に役立てます。撮影したレントゲン写真は、口腔内の様子を確認できるほか、目に見えない隠れた病気を発見することが可能。そして採取した歯型は、上下の嚙み合わせのバランスや歯並びを確認するのに役立てます。その他の詳しい診断結果につきましては、カウンセリング時に充分な時間をかけてご説明します。

カウンセリング

診査・診断の結果をもとに、医師から個別に症状や病因をご説明し、治療法や治療期間、費用についてご提案します。再発させないことや、治療をスムーズに運ぶためには、患者様がわからないことがあればご納得頂けるまで何度でもご説明します。治療は患者さんの合意を得たうえで開始しますので、遠慮せずどんなことでもご質問ください。

メンテナンス

すべての治療が終了したら、それからが新たなスタート。治療後の口腔環境が治療前と同じでは、必ず病気は再発します。なぜ歯が悪くなったかをもう一度考え、毎日のブラッシングなどのセルフケアを丁寧に行い、口腔環境の改善に努めましょう。また、虫歯も歯周病も初期には症状がないため、定期検診により早期発見・治療を心がけると共に、メンテナンスも受けましょう。

〒530-0043
大阪府大阪市北区天満2丁目13番20号 ハーツ天満橋1F

06-6355-2500

診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00

△土曜は17:00まで / ★第1・3日曜のみ診療
休診日:木曜日・祝祭日

 メニュー

ご予約はお電話にて承っております。