歯周病

歯周病とは見えない歯ぐきの中でいつのまにか歯を支える骨が溶けて歯が抜けてしまう疾患です。自覚症状が無いままに進行して、症状が現れたときには重度の歯周病にまで進行していることがほとんどで、全身疾患の原因のひとつになっているとも言われている生活習慣病です。
厚生労働省が行なった調査では、成人(30〜64歳)の約8割が歯周病に罹っているという結果がみられました。また、同調査から、成人だけではなく若年者も多く罹患していることがわかりました。さらには、小・中学校の学校歯科健診において歯周病と判定される児童や生徒が増えているという報告もあります。このような現実から、歯周病は私たち日本人の“国民病”とまで言われているのです。

以前は「不治の病」とさえ言われていた歯周病も、現在では進行を阻止することが可能となり、健康をとりもどすことができるようになりました。
歯周病は多因子性疾患といわれ、様々な歯周病の原因(歯垢、たばこ、歯ぎしり、年齢、ストレスetc…)が重なることで進行する病気です。 その原因のなかでも最も重要なのが歯垢です。さまざまなリスクが重なったとしても歯垢がなければ歯周病は進行しないと言われています。それをためない、増やさないことが最も重要になります。

当院では初診の患者様には、まずお口の中の総合検査させていただき、詳細な診断を行い、現状の把握をした上で、患者様それぞれのお口の中の状態説明、またそれに合わせた歯周病治療を含めた総合的な治療についてのカウンセリング時間を設けています。
検査の段階ですでに歯周病が進行してしまっている場合には、日常的な歯磨きや予防プランだけでの改善には限界があります。その場合には、歯周外科治療(歯周病の手術)・歯周組織の再生療法(エムドゲインなど)により歯周病の治療を行う必要があります。
歯周病の進行1
歯周病の進行2
歯周病の進行3
歯周病の進行4

歯周炎の進行

歯周病の原因1

歯周炎のメカニズム

歯周病の原因2

歯周炎を引き起こす細菌

歯周病の症状

歯周炎の症状

1
歯周病の基本的な治療

TBI:ブラッシング指導


TBIとはTooth blushing instruction、歯磨き指導のことです。歯磨きの方法にはさまざまな種類があり、歯の位置や年齢などに合わせて磨き方を使い分けていく必要があります。
当院では、歯科衛生士によるブラッシング指導を行っております。歯並びによってい磨き方も変わりますので、自分に合ったブラッシングを正確に出来る様、指導致します。

ブラッシング
バイオフィルム
プラーク

スケーリング(歯石除去)


歯ぐきから上の部分に付着しているブラッシングでは取り除けない硬い歯石を超音波機器で除去します。


ルートプレーニング(歯肉縁下歯石除去)


歯ぐきの中に深く強固についた硬い歯石を手用器具および超音波機器を用いて除去します。麻酔をした状態で行いますのでお痛みなく除去することができます。

3ヶ月に1度の検診はなぜ行うの?


むし歯や歯周病の原因菌はホームケアだけではなかなか減少しません。歯科医院でプロによる定期的な専用の器具・機械を使ったクリーニングをオススメします。クリーニング後3カ月経過すると、クリーニングの前の口腔状態に戻ってしまうとも言われております。勿論、個人差があるため必ずしも3カ月というわけではありません。当院では患者様の口腔状態などを見て、定期検診の間隔を決めております。 口の病気(むし歯や歯周病)は症状がすぐに出るわけではないので、定期検診での予防。早期発見。早期治療をオススメします。

歯周病外科治療


進行した歯周病では、日常のホームケアでもその進行を防ぐことができませんし、歯周ポケットの深い部分での歯石や細菌巣は通常のクリーニングでは取り除くことができません。
そこで歯周外科治療にて、歯に付着している歯石や細菌巣、炎症を起こしている歯肉を徹底的に取り除きます。それによって深い歯周ポケットをなくし、歯を支えている骨や歯肉を健康な状態に改善できます。

2
歯周病の基本的な治療
3
歯周組織の再生療法

再生療法とは、歯周病によって失われた歯の周りの骨・歯肉を再生させる治療です。
現在再生療法には、エムドゲイン治療(特殊なタンパク質を応用した歯周組織再生療法)や、それと併用して行う骨移植などがあります。

画像提供元:㈱朝日レントゲン

〒530-0043
大阪府大阪市北区天満2丁目13番20号 ハーツ天満橋1F

06-6355-2500

診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00

△土曜は17:00まで / ★第1・3日曜のみ診療
休診日:木曜日・祝祭日

 メニュー

ご予約はお電話にて承っております。