お知らせ

縁上歯石と縁下歯石が大きく関係する歯周病

2015.10.21

遏ウ逕ー豁ッ遘代い繧ソ繝ェ逕サ蜒・091

どうして歯周病になってしまうのか、原因を一言で片づけることはできず、

遺伝子的要素などさまざまな理由が考えられます。

一般的なのは、歯周組織に歯垢が長い期間にわたって付着することがきっかけになるようです。

その後は縁上歯石が形成されて、やがて縁下歯石が形成されます。

一般的に歯垢という言葉は聞いたことがあるとしても、

縁上歯石や縁下歯石という言葉が馴染みがないと思います。

縁上歯石とは単純に言ってしまえば目で確認できる歯石のことで、自分の舌で触ってもざらざらしています。

このような歯石が足がかりとなってどんどん蓄積されてしまいます。

縁下歯石とは、いわゆる目に見えない部分にできる歯石のことです。

縁下歯石を放置しておくことで増えていき、そこから歯と歯茎の間に進入していわゆる歯周ポケットの原因を作ります。

この縁下歯石を放置しておくことで、歯と歯茎の間が広がって、やがて歯自体がグラグラしてしまいます。

この一連の流れを許さないことが大切です。

歯垢レベルであれば歯磨きで対応できますが、ひとたび歯石になると毎日の歯磨きでは対応できません。

歯ブラシで取れないという認識のもと、歯石を舌で触って感じたならできるだけ早く

歯医者さんに診てもらうことが大切です。

〒530-0043
大阪府大阪市北区天満2丁目13番20号 ハーツ天満橋1F

06-6355-2500

診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00

△土曜は17:00まで / ★第1・3日曜のみ診療
休診日:木曜日・祝祭日

 メニュー

ご予約はお電話にて承っております。